一般社団法人 北海道ビルダーズ協会
第29回全国木造住宅フォーラムに参加して
2017年11月16日 3:38 pm 会員ブログ, 協会からのお知らせ

自宅(7:30)→旭川空港→羽田空港→新宿駅→甲府駅(13:28)の旅でした。
新宿発スーパーあずさ15号の車窓からは、トンネル、トンネル、またトンネルそしてたわわに実った柿の木、柿の木また柿の木を見ながら到着しました。

会場では、各都道府県から来られた関係者(約110名)が参加し国の木造住宅施策や国産材利用の説明、山梨県庁の木造住宅、地場木材利用の取り組みについての講演が17:00まであり、その後、甲州ワインや地酒を酌み交わしながら、意見交換がありました。

17111401

翌日、バスで地場の木材を使用した保育園やエネルギーを自給自足している施設を見学して13:00に解散しました。富士山のベストショットを期待していましたが、残念ながらもやっていてうっすらと陰影が見えた感じです。
八ヶ岳は、どれがどれか判りませんでしたが、山梨県の自慢の一つだそうです。
二日間、山梨県の関係者の皆さんありがとうございました。

本州各地を見て思うことは、地場のヒノキやスギ等を使った住宅のステイタスが、建て主にあるように思います。
北海道では、地場材カラマツ、トドマツ、エゾマツ、道南杉で建てたいというこだわりが、あまりないように思います。今後の課題ですね。
ただし、地場材にこだわって家づくりをしている工務店さんもこの北海道にはいます。

北海道でこのフォーラムの当番になるまでに地場材を使った道産子住宅が、各地で普及されているようになりたいものです。
武田神社でお館様(武田信玄公)に参拝し、甲府駅でお土産を買い、あずさ20号で帰路につきました。

17111402

余談ですが、甲府駅に、旭川ラーメンの有名店『らあめん青葉』さんを見つけてビックリでした。

今どきの若い女の子なら、『やばい』とでも言うのでしょうか。
旭川空港に到着し、いつもの寒さに震えながら、自宅へ戻りました。

一般社団法人 北海道ビルダーズ協会

理事 村上雅人

Copyrights(C) 一般社団法人 北海道ビルダーズ協会. All Rights reserved.produced