一般社団法人 北海道ビルダーズ協会
新年ご挨拶
2017年1月24日 6:49 pm 会員ブログ, 協会からのお知らせ

みなさま、新年あけましておめでとうございます。
本年がみなさまにとって良い年でありますよう祈念しております。

さて昨年は英国のEUからの離脱、さらに米国大統領選挙におけるトランプ旋風など国際情勢は混迷を深めています。
国内的にはパリ協定を受けての経産省のZEH政策が全国的に展開される中、大手ハウスメーカーとの競争は激しさを増して来ています。北海道がこれまで蓄積してきた省エネ技術をいかに本来求められているエコロジーな住宅に取り入れ暮らしの質を高めていくのか、これからが本番だと思います。
当協会も皆様方のご協力のもとに順調に運営されています。
事業のベースは依然国交省などの補助事業が中心ですが少しずつではありますが工務店としての課題や要望等を業界として行政等各方面に働きかけて少しでも現場に還元されるような活動もさらに進めて行く予定です。

昨年の具体的活動としては経産省に対してZEH補助金制度に北海道独自のものとしてニアリーZEHを取り入れてもらいました。またその延長として札幌市と地域版ZEHの可能性 についての意見交換をしています。
そして連携団体のJBN全国工務店協会とは建設業界全体の積年の課題である大工技能者の育成について北海道ポリテクセンター、北海道職業能力大学校とも連携しながら具体的活動にトライすべく準備を進めてています。
更に北海道移住者に対しては北海道の地域工務店としてのピーアールを従来以上にパワーアップしてしていきたいと考えています。この活動が会員各社と各市町村との交流、協力関係のキッカケに繋がることを期待しています。

このような活動を通じて北海道の家づくりの主役は工務店であるというアピールを道民のみなさまへ伝えていきたいと思っています。
会員みなさまのご協力をよろしくお願い致します。

一般社団法人 北海道ビルダーズ協会
代表理事 武部 豊樹
Copyrights(C) 一般社団法人 北海道ビルダーズ協会. All Rights reserved.produced